レーシックで乱視矯正もできる?【※失敗の危険】 » レーシックのリスク » レーシック手術中に眼が動いて失敗するリスク

レーシック手術中に眼が動いて失敗するリスク


レーシック手術の流れ

レーシック手術では、まず、適応検査を行います。ここで、レーシック手術を希望する方が、レーシック手術を受けられるかどうかを診てもらいます。

 

手術に入ると、洗浄を行い、麻酔をします。そして次に眼を固定します。開眼器というものがあり、それで眼を開き固定します。

 

この目の固定が行われることにより、手術中に眼が動くということについては問題なくなります。どうしても心配な場合は、検査の際に質問し、納得される説明を受けられるといいでしょう。

 

次に角膜でフタを作ります。このフタをフラップといいます。レーザーで照射し、フラップを戻します。

 

これでレーシック手術は終了で、その後安静にします。目を保護するためのメガネを使用する場合もあります。眼の手術を行うので、自分で運転して車で帰る等は避けるようにします。

 

 

一般的に見られるレーシックでの失敗とその原因

レーシック手術を行っても、その後、色々な事情で、レーシック手術がうまくいかなかったというケースもゼロではありません。レーシック手術を行っても視力が上がらなかった、という場合の原因は、角膜の強度が落ちることによります。

 

夜間の蛍光灯がまぶしいなどのアログレアは、フラップをつけてから落ち着くまでの期間に起こるといわれており、基本的には次第に治まってきます。

 

感染症は、レーシック手術後にフラップがきちんと定着するまでの間に細菌が入ることが原因とされています。

 

 

レーシック手術を受けるために

安心してレーシック手術を受けるためには、

 

①レーシック手術を多く手掛けている専門医がいる
②事前のカウンセリングが丁寧である
③院内が清潔である
④実際にレーシック手術を受けた人からの評判が良い

 

などを基準にし、レーシック手術を受ける眼科を選ぶことが大切です。

また、レーシック手術を受けるメリット、必要性、体質などについてもよく検討することも重要です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ