レーシックで乱視矯正もできる?【※失敗の危険】 » レーシックのリスク » レーシック手術の合併症リスクは?

レーシック手術の合併症リスクは?


レーシック手術での合併症(術後の副作用)について触れていきます。
とはいえ、一概にそれが手術の“失敗”によるものとは言えませんし、一時的であったり、治療や再手術で治りますので心配しすぎることはありません。

ただし、リスクではあるのでそういうこともありうるということはお知らせしておかなければいけません。

まず見え方に関する合併症として「ぼやける」というものが代表的です。
手術後1日で視力は矯正されますが、しっかりと眼球表面の手術跡が元通り吸着し、視力が安定するまでには1週間~2ヶ月を要します。これには個人差があります。

その視力安定までの期間に、視界のぼやけを訴える患者さんもみえます。この場合のほとんどは、術後1週間程度で自然と改善されていきますので、もしそれ以上長引いて気になるようでしたら再度眼科を受診してください。

更に視力安定のためには、1週間程度が平均的なようですが、長い人では2ヶ月かかる場合もあります。高齢者や、近視・乱視が強度である場合には術後視力が安定しにくいのだそうです。

また、コントラストが低下し、明暗の区別がつきにくくなる場合があり、この際には特に暗いところでは視力が低下したように感じるでしょう。

逆に明るいところでは、光が拡散するスターバースト現象や、灯りの周りがぼやけるハロー現象、今まで以上に明るさを強烈にまぶしく感じるグレア現象なども見え方が変わってしまう合併症として上げられます。

これらのほとんどは、個人差があるものの大抵は数ヶ月~半年の間に自然と解消されていきます。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ