レーシックで乱視矯正もできる?【※失敗の危険】 » 乱視とレーシック » レーシックで不正乱視になるリスク

レーシックで不正乱視になるリスク


手術とリスク

レーシックもすっかり一般的になり、安全なことも同時に知れ渡ってきましたが、眼球に外科的処置を施す以上、100%安全と言い切ることはできません。

普通の手術を考えてみても、やはりごく僅かとはいえ失敗例がありますから、これはごく当たり前のことと思ってください。

レーシックも手術ですから、失敗と無縁というわけにはいかないということですね。

レーシックに含まれるリスク

レーシックも手術である以上、術後に不具合が生じる恐れはあります。ですが、ここに不正乱視が含まれるかという問題は、切り離して考えなければいけないものです。

レーシックの術後に起こりえる不具合としては、感染症・過度のドライアイ・過矯正・視界の違和感(グレアなど)・フラップの定着不良などがありますが、不正乱視はここには含まれないとされているんです。

レーシックによる不正乱視は、角膜を削る際の精度不足によって引き起こされるのですが、現在のレーシック用機器は非常に高性能になっており、角膜の矯正に失敗することは技術的にみるとあり得ないと断言できるとされているんですね。

不正乱視のリスク

レーシック機器の発達によって不正乱視は起こりえないとされていますが、実際にそうした症例があるとも世間では言われています。このリスクを避けるには、なぜこのような事になるのかを理解しなければなりません。

レーシックの手術はとても精密さが要求されますから、機械の扱いにも高い技術が必要なんですね。この使用技術が低い場合、不正乱視が起こるリスクが生じてしまうのです。

不正乱視のリスクを避けるためには、技術的に信頼できるような大手のクリニックを選ぶのが一番良い方法となるのです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ