レーシックで乱視矯正もできる?【※失敗の危険】 » レーシック基礎知識 » レーシック手術の痛みはあるの?

レーシック手術の痛みはあるの?


レーシック手術を受けるということは、眼の手術を受けるということになります。こう聞いただけでも眼にメスを入れるのか?と心配になる方も少なくありません。

 

手術=痛いというイメージを持っている人もたくさんいます。そこでレーシック手術での痛みは、発生するのかしないのか考えていきます。

 

 

手術中の痛みはある?ない?

レーシック手術で麻酔をすると聞いた時、眼球に注射針を刺すイメージを思い描いてしまう人もいるでしょう。考えただけでも痛々しいですよね。

 

実はレーシック手術での麻酔は、点眼薬で行われます。もちろん点眼薬なので、痛みは発生しません。後の流れは麻酔が効いた後なので、もちろん痛みを感じることはありません。

 

レーシック手術ではレーザーを使用するので、麻酔が切れた後に痛むのではないかと心配される人もいます。

 

しかしレーシック用のエキシマレーザーという器具は、熱を発しません。なので手術が終わった後に、痛みが出ることはほとんどありません。

 

 

痛みには個人差が大きくある

レーシック手術を終えた後の痛みは個人差が大きくあります。手術後、ほとんど痛まない人もいれば目が開けられない程の痛みを感じる人もいるようです。

 

一番多い症状例は異物感があり、涙が多く出るといった症例です。麻酔が切れた後の痛みを心配する人もいますが、麻酔が切れたからといって出る痛みはありません。

 

手術後も病院での1時間程の休息をとってから経過の様子を診た後、普通に歩いて帰ることができます。

 

レーシック手術は安全性が高く、痛みの少ない手術なので安心して受けられる手術です。それでも痛みに対する恐怖心がある場合などは、信頼できる医師との話合いなどで恐怖心を取り除いてもらいましょう。

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ