レーシックで乱視矯正もできる?【※失敗の危険】 » 乱視でもレーシックは可能なのか?

乱視でもレーシックは可能なのか?


管理人当サイトは強度の乱視に悩む私が、レーシック手術で乱視を治したいと悩んでいたときに、調査した内容を公開したサイトです。

 

乱視には、角膜形状が楕円形の正乱視と、角膜に病気や怪我が原因で、不規則な凸凹している不正乱視があります。この正乱視の場合は、問題なくレーシックで治すことができます

 

コンタクトレンズで矯正できる程度の乱視なら、レーシックは十分可能です。

 

もちろん、レーシック手術を受けることが出来る前提条件の角膜の厚さは必要です。だからこそ、まずはクリニックのレーシック適応検査を受けることが第一歩なのです。

 

ちなみに一定の割合で、レーシックを受けられない方はみえるので、その場合は、より突っ込んだ手術をしてくれる可能性のあるクリニックに相談してみるといいでしょう。

 

 

乱視の方に一番おすすめのレーシック眼科は?

やはり総合的におすすめなのは品川近視クリニックでしょうか。まずは品川近視クリニックで検査を受けたあと、もし施術を断られた場合に他のクリニックも検討する形でいいと思います。

 

品川近視クリニックの実際は?

品川近視クリニックは、レーシック業界の中で1番といっても過言ではないクリニックです。その要因は症例数世界NO.1の実績があります。

 

品川近視クリニック東京をはじめ、札幌・名古屋・大阪・福岡と主要都市に提携クリニックを持っています。品川近視クリニック東京はビル3フロアーで4000もあり、日本最大の屈折矯正の専門クリニックです。

 

過去に失敗した例は?

品川近視クリニックでは施術後視力が1.0以上の回復をした人が98%もいます。残りの2%の人も視力回復はしています。

 

過去に100万件以上の症例があってこの実績はかなり技術が高い執刀医が多いということが言えます。目の場合、失明などの重度な障害が心配になりますがそのような症例は1件もありません。

 

レーシック手術に関して心配される感染対策も万全です。手術はクリーンルーム(ISO14644-1基準)で行われます。とてもきれいな手術室だという口コミも多いです。

 

 

品川近視の次におすすめなのが神戸神奈川です

神戸神奈川アイクリニックは、患者の立場にたったサービスを行っています。
どのようなものかというと、クリニックで対応か可能なレーシックの合併症以外の花粉症やドライアイなども、1年間は無料で診察をしてもらえるというサービスです。

 

現在では花粉症の方はとても多いので、その花粉症も1年間は診察してもらえるというのはとてもありがたいサービスですね。
また、PCを使う仕事の方が多いには、とても不快なドライアイも診察をしてもらえることも評判のひとつとなっています。

 

最近の投稿
アーカイブ